派遣社員から正社員を目指せることも?紹介予定派遣なら、正式に採用される前にお試しで働けます!

専門家に聴く

「残業はなるべくしたくない」
「決まった期間だけ働きたい」

私の周りの“派遣社員”という働き方を選ぶ方の中には、そう考えている方が多いようです。
給与が高めに設定されていることが多く、派遣先の社員ではないので残業を断りやすいなど、
自分の都合を優先できるメリットがあるのは事実。
一方で、派遣期間が限定されており生活が不安定になる、
重要な仕事を任せてもらえず物足りなさを感じたなどの不満の声をきくこともあります。

派遣社員の働き方の善し悪しは置いておいて、
今回は「紹介予定派遣」について紹介します。
もしかしたら、紹介予定派遣ならば、上記のような不満・不安を解消できるかもしれません。

まずは言葉の説明を。

紹介予定派遣とは、決められた派遣期間終了後、派遣先企業と派遣社員の双方の希望がある場合に、派遣社員を派遣先で正式に雇用するという派遣の形態です。

一般的な派遣では、法律上のしばりもあり、一人の派遣社員を同じ派遣先で3年以上働かせることは困難です。せっかく業務にも慣れて、知識も身につき「さぁ、これから」という段階で派遣期間が満了するということもあります。
ところが紹介予定派遣では、最長6ヶ月の派遣期間終了後に派遣先で正社員(契約社員・パートの可能性もあり)として働くチャンスを与えられるのです。お互いの仕事ぶりや業務内容を理解したうえで、この先も派遣先で働きたい・働いてほしいという合意があれば、正式に採用されます。派遣期間をお試し期間として働けるというメリットがあります。

メリットばかりのように思う、紹介予定派遣ですが、派遣先で雇用契約を結ぶ前に注意をするべきことがあります。それは、正式に採用された後の勤務条件の確認です。

たとえば、派遣社員のときは時給1000円であったのに、正社員になれば月給15万円になった。派遣社員の時は残業がなかったのに、正社員になると残業があるなど。
譲れないポイントがある方の場合は、特に条件の摺合せが肝になってくるのではないでしょうか。

<派遣社員とは>
派遣元(派遣会社)で雇用する労働者を派遣先企業の指揮命令のもとで働かせる雇用形態のこと。
まとめると…
*派遣先企業と派遣会社の間では派遣契約が結ばれる
*派遣会社と派遣社員の間では雇用契約が結ばれる
(給与を払うのは派遣会社。また、勤務時間などの勤務条件も派遣会社に従う。)
*派遣社員は派遣先企業の業務を派遣先の社員の指示で行う
▼  ▼  ▼  ▼  ▼
派遣先の企業の条件にあう人物を派遣会社に登録している人の中から見つけて、企業に派遣することが派遣会社の仕事。
派遣会社に登録したからといって、すぐに派遣社員として給与が得られるわけではありません。
  • keiko
  • この記事を書いた人
    keiko

    2006年R社に新卒入社。求人広告営業を3年半経験したのち、退職。結婚に向けて残業のないコールセンターでの仕事を始めるも、当時の彼氏と破局。仕事しかない!と一念発起したタイミングで、R社時代の仲間より声をかけられRCDに就職を決める。今年で入社6年目のアナログ人間☆

ABOUTこの記事をかいた人

keiko

2006年R社に新卒入社。求人広告営業を3年半経験したのち、退職。結婚に向けて残業のないコールセンターでの仕事を始めるも、当時の彼氏と破局。仕事しかない!と一念発起したタイミングで、R社時代の仲間より声をかけられRCDに就職を決める。今年で入社6年目のアナログ人間☆