<お金はトモダチ!>数字オンチが公認会計士・税理士事務所に質問してみた Vol.2

専門家に聴く

どうも、かしわぎです。
数字オンチの私がお金の知識を身につける
この企画、第2回がやってまいりました。

今回も大串公認会計士・税理士事務所の
大串先生にお付き合いいただきます。

かしわぎ
よろしくお願いします!
大串先生
はい、お願いします…あれ?なんだか今日はギラギラしています?
かしわぎ
そんなこと〜、まさか今日がお給料日だからってそんなこと〜
大串先生
なるほど、そういうことですか(笑)

実は、副業するより報酬を狙った方が手堅い

かしわぎ
そうだ!お給料といえば、気になることがあるんです。サラリーマンには年末調整があるけど、確定申告をしたほうがいいって聞いたことがあります
大串先生
その通りですね、副業などなんらかの収入があったなら申告した方がお得かもしれません
かしわぎ
副業ですか…最近流行ってるみたいですけど、私は器用な人間じゃないので縁がないです。
でも、どういう仕組みで、なにがお得なんでしょう?
大串先生
所得税の額は収入から必要経費等や所得控除できる金額、税額控除できる金額等を差し引いて計算されますので、その結果でてきた所得税額と実際に支払っている金額とで異なっていれば調整が必要になります
かしわぎ
…なるほど!副業をしていなくても、該当するケースがあるんですね。
私にもチャンスがあって嬉しい!お金だぁいすき(ゲス顔)
大串先生
まぁまぁ(笑)
かしわぎ
心配性なので確認ですが…申告すると損な場合もありますよね?
大串先生
うーん、そこ聞いちゃいます?実は給与以外の所得の場合、20万円以下なら申告しなくていい場合もあります。例えば、雑誌に投稿して採用された際の賞金や記事を書いた原稿料など「報酬」に分類されるものが対象になります。ただし、これはきちんと年末調整を行っているサラリーマンのみに適応される特別ルールです
かしわぎ
へぇ〜!じゃあ、お給料をもらいながら報酬で年間19万9999円を稼いで確定申告をスルーしたら、一番お得ということですね!!!
大串先生
(セコい人だなぁ…)

さて、私の意地汚さが露呈した回となってしまいましたが…
確定申告がサラリーマンにとっても大事なイベントであることが分かりました。

でも、その前に「どんな控除があるのか?」
「自分はその対象になっているのか?」を知る必要があります。

そんな時は、こちら

ベタですが、国税庁のHPです。
「タックスアンサー」というQ&Aコーナーの中で
いろいろ具体的な質問が上がっていますので
参考にしてみてください。

なお、各自治体に電話相談口もありますし、
福岡には大串先生がいらっしゃいます!

お困り・お悩みの際は、ぜひ大串先生まで!

大串 和義
大串公認会計士・税理士事務所の代表。外資系事務所での経験を活かして2006年に開業し、一代で200件を超えるクライアントを持つまでに規模を拡大。現在は士業のかたわら、障がい者や高齢者、子育て世代などの交流支援を行う「まぜこぜむら」の村長としての活動にも力を注いでいる。
  • kashiwagi
  • この記事を書いた人
    kashiwagi

    温泉大好き、鉄道ラブの26歳児。ディレクション・コピーライティング・デザイン・Webマーケティングをちょこっとずつ、全部やりたい。RCDで唯一の新卒入社組。5年目。