〜家であること。家族でいること。〜 みゆきの里[パンフレット]

パンフレット

★B5サイズ・12ページ
熊本市南区御幸笛田にて、10を超える病院や介護施設などを運営されている、みゆきの里様の採用パンフレットを制作させていただきました。
実は、19年前に一度お手伝いをさせていただいていたのですが、その時の会社がグループ再編などでなくなり、お付き合いが途絶えてしまっていたお客様になります。今回、偶然当グループの新人営業が、ご挨拶に伺った際に、このお仕事のご相談がいただけ、19年ぶりに訪問。その際、よかったら理事長にご挨拶させてもらえませんか?とお願いしたところ、当日理事長が19年もの間、大切に保管されていたパンフレットをお持ちくださったのです(ご担当も初めて見られたそうです)。
前回は、みゆきの里様の「理念」を噛み砕いたパンフレットでしたが、今回お手伝いさせていただいたのは、「みゆきの里での仕事」や「みゆきの里を通じての自身の生活や未来」がわかるものでした。

まずは、ご担当者さまより施設全体についてのご説明を受け、その後「看護師」「介護士」「作業療法士」「栄養士」の職員のみなさんに取材。
見えてきたのは、19年前にお伺いした「理念」が脈々と引き継がれ、その仕事の中身が進化している事実でした。また時代の流れに合わせ、ワークライフバンランスの充実に力を注いでおられ、「自分らしく長く生きる」ことのお手伝いを通じて、職員のみなさんも「自分らしく長く働けている」ということ。

創業時より変わらない「健康長寿のまちづくり」という大きな夢は、一歩ずつ確実に現実のものとなってきています。

「看護師」「介護士」の紹介ページです。お二人に限らず、他の施設から「自らが目指すものを実現するため」に移ってこられた職員の方が多いようです。

多職種のご案内をするパンフレットとなるため、共通する情報についてはセンターページの見開きを利用して掲載。またお母さんと介護士を両立されている方、栄養士資格取得を目指している方の声などを通じて、さまざまな制度も紹介しています。

「作業療法士」「栄養士」の紹介ページです。このお二人に限ったことではありませんが、一人ひとりの職員の方々が、「ご利用者お一人おひとり」のために考え、行動されていることが取材を通じて伝わってきました。

実は、この最終ページのキャッチコピーは19年前のパンフレットからの引用です。常に「もっとよく」「もっとできる」というみゆきの里様のスタンスを表していること、まったく理念がぶれていないこと、そして目標が利他の精神であふれていることが、凝縮されていると感じ、あえて使わせていただきました。

  • hana
  • この記事を書いた人
    hana

    クリエイティブディレクター 兼 代表取締役 採用領域のクリエイティブに1989年より携わる。リクルート社を退社後、2012年3月にRCD設立。ビールをこよなく愛す、age 50 years。

ABOUTこの記事をかいた人

hana

クリエイティブディレクター 兼 代表取締役 採用領域のクリエイティブに1989年より携わる。リクルート社を退社後、2012年3月にRCD設立。ビールをこよなく愛す、age 50 years。