営業、渡邉絢子といふ女。

取材レポート

おひさしぶりです。チナミです。
勝手ながら、今日はわたしの同期自慢をさせていただきます。

名前は渡邉絢子(写真左)入社2年目の営業である。
リクパーでは「なべこ」と呼ばれ、盛んに可愛がられている。
1995年うまれ、好きな食べ物はホルモンとお酢とマカロン。
最近話題のYoutuber芸人に似てる。かあいい。サイアクゥ!

出身は栃木県。大学進学のため、上京。
4年間ラクロスに勤しみ、2018年4月就職で福岡へ。
リクパーで企業の採用課題を解決するべく、求人媒体などの提案営業をこなす。

「すんごい優秀な新卒が入社するらしいよ」
渡邉が入社する前、社内はそんな噂で持ちきりだったそうな。

渡邉
採用面接でね、一芸採用っていうのをやったんだけど…

(リクパーには毎年恒例・新卒採用において、一芸披露という選考フローがある。)

渡邉
そこでね、あたしやっちゃったんだよね…


※当時を思い出すと震えが止まらない渡邉

渡邉
【リクパー8Valueとわたし】を、さ………

*リクパー8Valueとは、リクパーではたらく社員全員の行動指針。

渡邉は自分の行動や考え方を、上記の8valueに沿って一つひとつ紹介したらしい。

渡邉
例えば、【しなやかさと冒険心】。地元の栃木から、大学進学のために東京に出てきて。今度は縁もゆかりもない福岡に就職しようとしている。自分のやりたいことのためには、場所なんて関係ない。自分の納得できる環境で仕事ができるなら、わたしはどこにだって
踏み出して行っちゃいます!みたいなことを8つ、言ったんですよね。そしたら、こんな噂が…

頬をかきながら、少しうつむきがちに話す彼女は、なんだか居心地が悪そうに笑う。
実際、社内でもかなりの高評価だったらしい素晴らしい一芸を披露し、内定を勝ち取った渡邉。でも、本当は。

渡邉
みなさんが思ってたほど、私って強くなくて(笑)入社して数ヶ月で、完全に期待を裏切ることに…。社会を甘く見てたんでしょうね、仕事は降ってくるものだと思ってた。だから仕事の進め方もわからないし、営業としての立ち振る舞いもまだ下手くそで、自分のキャラを確立するのも時間がかかっちゃった(笑)。何より、自分の仕事を自分で生み出せないことがツラくて、ツラくて…。先輩方が忙しそうに仕事をしている中、何もできない自分自身が悔しかった。でもなぜか、そこで『なにくそ!!やってやる!!』って燃えない自分もいて。

新卒で入社してから、数ヶ月。彼女は悩み続けた。
いくら電話をかけても取れないアポと、いただけない契約。
頑張り方が、分からない。どうしよう。

それでも渡邉は、必死にしがみついていた。
半年たったころには、お客さまに色々提案もできるようになったし、新規で契約をいただき先輩にお祝いしてもらうことも増えた。時々、求人広告の原稿制作担当(わたし)から「この情報量じゃ、原稿書けません!追加で聞いてきて!」と言われながらも。
少しずつ、前に進んではいた。そんな時だった。

「ねえ、絢子はリクパーでどうなりたいの?」

しかし、営業として肝心の目標を達成できない月が続いていた、2019年3月。
マネジャーから、異動の話が出た。行く先は、長崎支社。

渡邉は自然と悩まなかった。
このままの自分が、福岡にいても腐るだけだ、行くか。
そう決心した彼女は、ホルモンとマカロンくらい縁もゆかりもない長崎へ旅立った。

最初は、福岡とは異なる働き方、仕事の進め方、お客様の引き継ぎに慣れることに精一杯だった。
それでも、「仕事がある」ということが、彼女を無我夢中にさせた。
先輩2人の引き継ぎも終わり、だいぶお客様と打ち解けてきた7月ごろ。事件は起こる。

渡邉
社用車運転中、めちゃくちゃトイレに行きたくて。焦ってバック駐車してたら、後ろにあるガードレールに気づかずに、ゴンッ!って…冷や汗で尿意飛んでいきましたね…ああ…。しかもその次の週、会社で支給されているポケットWiFiを紛失するという始末。思い出すだけで胃が痛い…

2週連続のミス報告を終えて、とぼとぼと重い足取りで帰社した渡邉。
そのひどい落ち込みように、先輩営業の亀本さんが声をかけた。

渡邉
「なんでこの2つのミスが起きたと思う?」って聞かれて。不注意でした、って答えたんです。そしたら、亀本さんが、違うよねって。次に、「絢子はリクパーでどうなりたいの?」って聞かれました。「それがないから、仕事に集中できずにブレてるんじゃない?」って。予想もしなかった質問にわたし、何も答えられなくて、その場でワーワー泣いちゃったんです。そのあと亀本さんが、わたしにティッシュを渡して言ってくれたことが、ずっと忘れられない。

※スケジュール帳は、予定とお客さんの細かなメモがぎっしり

渡邉
「どうなりたいかなんて、わたしも見つかってないよ!でも、わたしがリクパーにいるのはね、お客さんのことが大好きだから!」って、くしゃって笑いながら、言ってくれたんです。その時、わたしが福岡で頑張れなかった理由も、がむしゃらになれなかった理由も、全部わかった気がした。そもそも、わたしは何のために頑張っていいのか、わかんなかったんだって。それがはっきりしたから。

長崎の先輩、亀本さん・宮道さんは、いつだって必死だ。
お客さんとの折衝も、全然仕事と割り切ることをしていない(世間的にはよくないことなのかもしれないけれど)。
お客さんのためだもん、やなことでも全然やる!って。そんな2人と仕事ができて、渡邉は「長崎に来てよかった」と言う。

渡邉
先輩たちは、それぞれ、頑張る理由がある。お客さんのためとか、自分の成長のためだとか。みなさん本当にストイックなんです。それに、長崎の2人は、わたしに足りないものをちゃんと気づかせてくれた。時々質問しすぎて「それは自分で考えて。」って言われちゃうこともあるけど(笑)。
渡邉
そして、リクパーは営業それぞれがお客さんにかける熱い思いと同じくらい、数字達成にもストイック。長崎支社では、1日5件を目標にアポの予定を入れてた時もあったくらい。契約をいただけない時があっても、常にもがいて、動き続けている感じ。最初は相当体力的にも精神的にもしんどかったけど、もう慣れちゃいました。だって、今は頑張れる理由が少しだけでもできたから。

【 長崎支社のメンバーで培ってきたリクパーの信頼を、いつまでも守り続けること。 】
それが、今は渡邉の原動力になっている。

渡邉
正直、まだどんな風に成長したいかは決まってません。今は先輩方が築いてきた信頼関係を守り続けていくことに必死です。両親から「栃木に帰ってきたら?」って言われたこともある。でも、それだけは絶対にしたくなかった。リクパーで、何か一つでも「これができる!」ってことを作れてないうちは、逃げたくない。ペーペーの営業2年目だけど、お客様のリクパーへの信頼を裏切れないから。まだアバウトな目標だけど、胸を張って言えるような成長ができるといいな。甘い!って言われそうですけど…

最近営業会議で褒められたらしい。
分からないこと、知らないことはなんでも聞く。とにかくアポを必死でとりにいく。
渡邉なりの頑張り方が、芯を持ったおかげか、評価されるようになってきた。
そんな彼女が、これからのリクパーを変えていくのかもしれないなって、わたしは思う。
渡邉を変えた環境で、彼女自身がまたいい変化の流れをつくっていく。その繰り返しだといいな。

今日も変化を楽しむために、勇気を出して踏み出していくのだろう。
かあいい渡邉絢子のはなしでした。

  • Chinami
  • この記事を書いた人
    Chinami

    2018年に新卒入社した会社を3ヶ月で退職。ライターになる夢が諦められず、路頭に迷っていたところをRCDに拾われ、育てられることに。一緒に生活している犬がどう考えても世界一かわいいのが悩み。 #1996.02.03生まれ #福岡県出身 #映画鑑賞 #お笑い #音楽 #かまぼこ #大盛りラーメン

ABOUTこの記事をかいた人

Chinami

2018年に新卒入社した会社を3ヶ月で退職。ライターになる夢が諦められず、路頭に迷っていたところをRCDに拾われ、育てられることに。一緒に生活している犬がどう考えても世界一かわいいのが悩み。 #1996.02.03生まれ #福岡県出身 #映画鑑賞 #お笑い #音楽 #かまぼこ #大盛りラーメン