入社2年目の悲劇〜1年目より手取りが減るって本当?〜

専門家に聴く

暑い日が続いていますね。
梅雨よりも先に夏が来ちゃいそうな予感です。

新入社員のみなさんも、
少しはお仕事に慣れてきた頃でしょうか。

ところで、「初任給」は何に使いましたか???

平成28年度の初任給平均額は

大学院修士課程修了 23万1,400 円(前年比 1.3%増)
大 学 卒 20万3,400 円( 同 0.7%増)
高 専 ・ 短 大 卒 17万6,900 円( 同 0.7%増)
高 校 卒 16万1,300 円( 同 0.2%増)  ※厚生労働省調べ

四大卒で約20万円。
学生時代のバイト代に比べると
急に額が上がったのでは??

GW期間中にSNSを見ると、両親を旅行に誘ったり
何かをプレゼントしたりの報告が満載です。

「草食」や「悟り」と呼ばれ、恋愛よりも
家族との団らんを優先する現代っ子の姿を
象徴するイベントになっている気がします。
(ブームで終わらないでほしいですが…)

さて、今回はその1年後のお話。
意外と知られていない事実なのですが
実は入社2年目って、手取り金額が落ちます。

理由は住民税。

前年度の所得(社会人になってからの4月〜12月)に対してかかるもので、
  税額=(前年の総所得金額等-所得控除額)×税率(10%)-税額控除額
一律10%が課税される計算です。

月給20万円に照らし合わせると、
約7000円が天引きされることに。

ちなみに、社会保険料や所得税などを引いた手取り金額は
額面のおよそ80%と言われています。
ということは、月給20万円の場合は16万円。

そこからさらに7000円って…
意外とキツイのです。

どのくらいキツイか分かりやすく言うと…
総務省統計局が発表した「平成26年全国消費実態調査」で
一人暮らしの生活費は平均17万5015円。

家賃・光熱費・食費などはもちろん、
ファッションや趣味にかかる費用も
この中に含まれています。

お気づきでしょうか?
手取り金額とほぼイコールの金額です。
そう、貯金を切り崩すか節制しないと
生活はギリギリ。

実際に引き落とされるようになるのは
6月からなので、今年1年目の方も油断せずに
しっかり蓄えておきましょう!!!

  • kashiwagi
  • この記事を書いた人
    kashiwagi

    温泉大好き、鉄道ラブの26歳児。ディレクション・コピーライティング・デザイン・Webマーケティングをちょこっとずつ、全部やりたい。RCDで唯一の新卒入社組。5年目。